チャールズ3世と君主制の衰退

チャールズ3世と君主制の衰退

エリザベス 2 世の死は、英国を永遠に変えるでしょう。 面白い帽子をかぶったフレンドリーな老婦人は、君主制よりも人気がありました。

彼女は、あまり尊敬されていない息子に取って代わられました。 チャールズのイメージは、彼の最初の妻であるレディ ダイアナと、現在は彼の王妃である愛人のカミラとの接し方によって永久に傷つきました。 それに関する複数の論争により、英国および世界中で眉をひそめています。

出口ドア

チャールズ 3 世が王位に就き、反君主主義が英国と英連邦の両方で増加しています。

英国の主権者が国家元首であるカナダを含む 14 か国の 1 つであるアンティグア・バーブーダの首相は、3 年以内に君主制に関する国民投票を行う予定であると述べた。 他のカリブ海諸国も同様の準備をしています。 英国の旧植民地出身の大臣は議会で、「おそらく、ベリーズが独立を真に所有するために別の一歩を踏み出す時が来たのだろう」と語った。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は数日前、自国が共和国になることに何の疑いもないと述べた。

最盛期には、大英帝国は世界人口の 4 分の 1 以上を占めていました。 現在、英国自体が脅威にさらされています。スコットランドと北アイルランドはブレグジットをめぐって離脱する可能性があります。

カナダはどうですか?

ジャスティン・トルドー首相は、国は「国王チャールズ3世がカナダの主権者となる未来」を見据えていると語った。 彼は謝罪する必要がありますか? 彼のマニアです。

多くのカナダ人は、チャールズ王の即位と同じくらい君主制に無関心です。 最近のアンガス・リードの世論調査によると、カナダ人の67%がチャールズが母親の後を継ぐという考えに反対していると答え、カナダ人の55%が君主制はもはや関係がないと考えている.

カナダの人口動態の変化は、これらの反君主主義感情の広がりに貢献しています。 移民の大半 (現在、人口の 21.5%) は、英国王室とは関係のない国や、さらに悪いことに、王冠を植民地主義と抑圧の象徴と見なしている国から来ています。

しかし、総督を大統領に置き換えるのはかなりの挑戦になるだろう。 それには、議会と、国の人口の少なくとも 50% を代表する 7 つの州議会の承認が必要です。

失敗した王国を支配する

チャールズ 3 世の話に戻りますが、彼の王国は現在、経済のブラック ホールに直面しています。 英国のインフレ率はまもなく 12% に達するでしょう。 英ポンドは、ブレグジット以降、米ドルに対してその価値の 3 分の 1 を失っています。 今年のインド経済は英国経済を上回り、英国の銀行システムは動揺している。 かつて世界を支配していた君主制に日が沈む。

神は王を救います かつての 希望と栄光の国 !


#チャールズ3世と君主制の衰退

Leave a Comment

Your email address will not be published.