クーポン「ジャンキー」は何百もの食料品を寄付したい

割引クーポンに熱心なサグネの若い女性は、ホリデー シーズンに必要な人々に何百もの食料品を寄付する準備をしています。

Amélie Grégoire がこの個人的な挑戦をするのは今年で 4 年目になります。 彼女は、モワソン・サグネ・ラック・サン・ジャンのためにできるだけ多くの食品を購入するために、1 日 2 ~ 3 時間かけて割引やクーポンを探しています。 彼女は 9 月末から毎週少なくとも 1 日を買い物に費やしています。彼女によると、購入した商品は約 14,000 ドルに相当し、購入はまだ終わっていません。

「あとは助けるだけです。 私はいつも寛大な人だったので、それは私にとって本当に自然なことです. 私はクーポンを9年間やっていて、いつも周りの人を助けてクリスマスバスケットを作っていました。 それを組織に寄付することで、彼らがそれを公平に分けて、困っている人々に与えることを私は知っています」と彼女は説明した.

インフレにより、掘り出し物を見つけるのが難しくなっていることを彼女は発見しました。 ただし、あらゆる種類の賞品を提供する複数のスポンサーの寛大さに頼ることができます。 クーポンファンは、周囲の人にラッフルチケットを販売して、購入額を膨らませます。 また、大企業に割引クーポンを取得するように勧誘します。




デビッド・アレクサンドル・ビンセント/QMIエージェンシー

食料品に加えて、サグエンヌは日常的に役立つさまざまなアイテムを購入します。 「モワソン・サグネは今年、個人用衛生用品が不足していると私に話したので、私はシャンプー、家庭用品、蚊よけ、ベビーミルクを100個購入しました。 これらはより高価な製品です。

Moisson Saguenay-Lac-Saint-Jean では、Amélie Grégoire のイニシアチブは大歓迎です。 「彼の寄付は毎年本当に感謝しています。 人々はより頻繁に腐りにくい食品を私たちに与えますが、個人用衛生製品については、人々はそれが私たちのニーズの一部であることを常に認識しているわけではありません. この貢献は、インフレの状況下で寄付をする市民が減っている現在、ますます重要になっています。

「クーポン使用者」は 12 月 16 日に寄付を行い、彼女が提供しようとしている食料の量を増やすよう励ますことができる市民を招待します。

#クーポンジャンキーは何百もの食料品を寄付したい

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *