ライフスタイル | 住宅の 4 棟を再抵当に入れることで RRSP と TFSA を救済する

純可処分所得 (税金と社会保障の拠出金を差し引いた後) になると、マルテ* とノエル* の家計には、退職後の長期的な投資貯蓄を行う余力がほとんどありません。 午前6時に投稿。 状況 配偶者の Marthe さん (43 歳) と Noël さん (45 歳) は、11 歳、12 歳、16 歳の 3 人の子供の親です。 彼らの家族のライフスタイルは、活動的ではあるが妥当な予算であり、年間約 135,000 ドルの家族総収入によって比較的十分に支えられています。 この家族の収入は、主に自営業者としての雇用による収入 (年間最大 115,000 ドル) と、4 ユニットの建物からの純収入 20,000 ドルで構成されています。 家計のバランスシートに関しては、すでに十分な資産があり、総額で約160万ドル、家族の家とアパートの住宅ローンの610,000ドルの負債を差し引いた後の純資産価値は約100万ドルです。 しかし問題は、この資産価値のほとんどが 2 つの居住用不動産に集中していることです: 60 万ドル (住宅ローン残高で 16 万ドルを差し引いたもの) の価値のある家族の家と、860,000 ドル (住宅ローン残高で 45 万ドルを差し引いたもの) で評価された 4 ユニットのアパートです。 それに比べて、登録退職貯蓄制度 (RRSP) や非課税貯蓄口座 (TFSA) […]