CDPQ が Global SWF の「Fund of the Year 2022」に選出

(モントリオール) 日曜日に発行された年次報告書で、グローバル SWF はケベック州の預金供託公庫 (CDPQ) を「2022 年ファンド オブ ザ イヤー」と名付けました。また、過去 12 か月間の重要な投資活動についても同様です。 昨日 9:06 に投稿 エロ・ゴーティエ・ラモット カナディアン・プレス 約 400 の投資家と公的年金基金の活動を研究している世界的な基準である企業グローバル SWF は、プレスリリースで、CDPQ は公的資本と年金拠出金の管理、およびその「デュアル最適な財政的利益を達成し、州の経済発展に貢献することを使命としています。 「CDPQ は、世界で最も大きく、最も活発で、最も洗練されたグローバル投資家の 1 つになりました。 過去 10 年間、ファンドは一貫してトップ 10 の投資家の中にあり、国内外で資産を収益化する機会を特定する方法を知っています。」 Global SWF がまとめたデータによると、CDPQ は 2022 年だけで約 100 億米ドルを民間市場に投資し、さらに 1,450 人以上を雇用しており、そのうち 89% がカナダに、162 人が海外に勤務しています。 CDPQ のプレジデント兼 CEO である Charles Emond 氏は、この栄誉を「非常にうれしく思います」と語り、Global SWF は「業界の基準」であると付け加えました。 「私たちの非常に野心的な気候戦略、二重の使命、そして実績が、この賞を受賞した3つの理由であり、私たちはそれを非常に誇りに思っています」と彼はカナディアン・プレスとのインタビューで語った. […]